本文へスキップ

観光案内Sightseeing

笹ヶ峰牧場

現場・笹ヶ峰ダムに向かう途中にある『笹ヶ峰牧場』
上の写真は牧場の管理事務所です。晴れていたので空と山が綺麗です。

ここ笹ヶ峰牧場は約108haの広さを持ち、
明治37年(1904年)に開設された、新潟県内に現存する中で最も古い放牧場と言われています。
毎年、夏になると放牧が始まります。
牛さんは、夏は涼しく広々とした環境で過ごすことで、骨格が丈夫になったり体力アップの効果が期待できるんだそうです。
ここには、上越地域をはじめ、県内各地の畜産農家さんの牛さんが集まります。
2020年は少雪により昨年より数日早い5月26日から始まりました。10月下旬まで行われる予定です。

牧場内には入れませんが、柵の周りがハイキングコースになっていて、柵越しに牛さんを眺めたり、のどかな風景の中、気持ちよく歩けます。
牧場はとっても広いので、その日どこに牛さんがいるかは行ってみないとわかりません!運がいいと出会えます。
また、私が訪れた時は、柵の中にお猿さんがたくさんいましたよ。(柵の外にもいました…驚いた……)

和牛(例えば「くびき牛」)と乳牛さんがいるそうです。
お、美味しそうな子はどの子かな…(和牛と乳牛の区別さえできてない)


たこ「広々してて気持ちよさそうやね」

*写真: 遠くに牛さんがいます!しかも手前の白い木に奇跡的にとんぼがとまってます…!(撮ってから気付いた)


牧場管理事務所の近くには、「Ω(オメガ)白樺」とグーグルマップに表示のあった、おもしろい形の白樺がありました。

たこ「わいの頭の曲線と似とるな…」