本文へスキップ

観光案内Sightseeing

仙人池

白くて長いお髭をたくわえた仙人が出てきそうな雰囲気の『仙人池』
標高1,340mにあるこの池は、流入河川も流出河川もない、不思議な池です。

笹ヶ峰直行バスのバス停もあるスポットですが、
他の観光スポットからは少し離れているためか、ひっそりとした場所にある静かな池です。

周囲は約500m、いちばん深いところは6.8mと思ったより深め。
池の周りは遊歩道になっていて、ぐるっと一周回れます。水面に映る山々を眺めながら、緑の中をお散歩すると気持ちがいいです。
ですが、バス停から池に降りる道は急な坂道で、遊歩道も斜面が多め、躓きやすい石も多めですので、
歩きやすい靴で、足元には十分注意して歩いていただくことをオススメします。
背の低い草木から、笹ヶ峰ではおなじみっぽいシラカバまであり、四方を緑に囲まれる感覚が味わえます。
植物に詳しくないので定かではないですが、「笹」ヶ峰だからか、笹っぽい植物もたくさん生えてました。
紅葉の季節にもう一度訪れてみたい場所です。

足元に注意して歩いていると、おやおや?なんとキノコがあるではないですか!!!
と最初に気付いた赤いキノコから、まわりの地面をよく見たらあるわあるわ笑
ひとつとして同じ種類のキノコがないんじゃないかってくらいいろんな種類のキノコを発見しました。
きっとキノコの住み心地がよい場所なんですね。

『仙人池』付近にあった看板のマップによると、『仙人池』から「ドイツトウヒの森」を通り抜けて『清水ヶ池』まで行けるようです!
しかし、Google Mapで測ると直線距離で2qもありますし、マップにも「急な坂あり」と表記がありますので、
仙人池バス停で降りて歩かれる方は、トレッキングの万全な準備をして行ってくださいね。

たこ「ささがみネッシーとかおらんかな」