本文へスキップ

観光案内Sightseeing

苗名(なえな)滝

日本の滝百選に選ばれた『苗名滝』
○住所:新潟県妙高市杉野沢2092  ※冬期の積雪時や、増水時は通行できません!

住所は新潟県になっていますが、新潟と長野の県境を流れる関川にかかる滝のため、
川のこっちは新潟、そっちは長野と県境を跨ぎながら到着する滝です。(実際にはわかりませんが笑)
間近で見なくてもわかる落差55mの迫力!夏には涼しく、秋は紅葉も楽しめます。聞こえる音も涼やかです。

今も水量は十分だと思いますが、その昔は地響きがするほど勢いよく流れ落ちていたそうで、別名を「地震滝」、
昔は地震のことを「なゐ」と言ったことから、「なゐのたき」→「なえなたき」になったそうです。
春は雪解け水で水量が増すそうなので、地震滝が体感できるかもしれませんね。

*1つ目の吊り橋

*2つ目の吊り橋と東屋

観光バスも停められる大きな駐車場が完備されていて、そこから徒歩約15分で迫力ある光景を見ることができます。
わたしは、滝に最も近い駐車場から歩いて、写真を撮りながらゆっくり向かいましたが15分弱で着きました。
途中に吊り橋と階段が2ヶ所ずつある遊歩道(と言ってもちゃんとした山道でした)を歩きます。
勾配がきついところ、大きな岩や樹があるところなので、動きやすい服装と運動靴をおすすめします。
たこを連れて登りましたが、運動不足なわたしは、滝と一緒に映るたこの写真を撮り忘れるほど疲れました笑

滝壺からは少し離れた、東屋があるポイントで滝を眺めるのがスタンダードな楽しみ方ですが、
もっと滝を間近で見たい!と言う方は、装備を整えないと行けないと思います。
わたしが訪れた際、滝壺に人がいたので、わたしも行こうとしたのですが、道が険しすぎて断念しました。

*遊歩道

*手前は関川1号砂防えん堤、奥の方に階段2つ

遊歩道を登り始めてすぐ、「え?こんなのあるって聞いてないよ?」と思ってしまった、大迫力の構造物「関川1号砂防えん堤」があります。
平成7年7月の梅雨前線豪雨により、上流域から大量の土砂が下流に流出したため、滝に向かう吊橋や遊歩道に被害が出ました。
引続く降雨により、さらに大規模な土砂災害の可能性があったため、下流への土砂流出防止の目的でつくられたものだそうです。
苗名滝が観光名所であることから、外観が自然環境と調和するようにつくられているため、全く違和感がなく、
滝とともに自然の壮大さや力強さを感じさせてくれました。わたしは思わず見入ってしまいました。

駐車場の脇、遊歩道の入口には、滝に向かう前の腹ごしらえや、お帰り前の休憩にぴったりなお店があります。
TVに取り上げられるほど有名で、1番のウリの流しそうめんをはじめとしたお食事処の「苗名滝苑」さま(写真左)
信越高原で一番おいしいと謳っている、濃厚なソフトクリームを味わえる「Cafe gland」さま(写真右)
他にも、苗名滝の清流育ちのニジマスがいるつりぼりがあり、釣ったり餌をあげたりして楽しめます。

アイスに目がないわたしは「Cafe gland」さまのソフトクリームを注文。
本来ならば、多種多様な自家製ソースで味変を楽しめるお店なのですが…コロナ対策の一環でトッピングはお休みしていました泣
メニューをみていたら、自家製かぼちゃプリンも、涌き水でおとすコーヒーも、妙高高原地ビールも気になりました!
山道で疲れた身体に染みる濃厚ソフト〜!こんなにおいしいもの、たこにはあげません。

たこ「ひとくちでいいから食べさせてくれよ…」