本文へスキップ

現場日記diary

2021年2月16日 最終回 〜竣工検査〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。

先日の2月10日(水)に竣工検査を行いました。
現場の引き渡し検査は11月に済んでいるため、今回は書類のみの検査となります。
※役所での検査のため写真は撮っていないとのことです…。

昨年末からの大雪で大変なこともありましたが、これにて正式に工事終了となります。
どちらの現場も無事故無災害を達成しました!みなさまのご協力に感謝申し上げます!
2月中には現場事務所も引き上げます。長い間ありがとうございました。

また、この現場HPの更新も終わりです。最後までご覧いただきありがとうございました。
違う現場のHPにてまたお会いしましょう!



2020年11月5日 第9回 〜引き渡し検査〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
今回は、先日行われた現場の引き渡し検査の様子についてお伝えします!
※今回も、検査に立ち会われた明田川室長にご協力いただきました!

11月4日(水) 発注者検査員の方に立会いいただき、現場の引き渡し検査を行いました。
後日書類の検査を受けた後に、正式な工事完成・引き渡しとなります。
当日は思いがけない降雪と悪天候の中での検査となってしまいましたが、ありがとうございました。

前日に降った雪で白くなった笹ヶ峰ダム

トンネルの検査中
あらかじめ工事概要や検査箇所を打合せています

トンネルの検査中
寸法は計測し、できばえは目で見て確認します

洪水吐の検査中
完成した構造物の高さが適正か測っています

洪水吐を臨む(1号棟側より)

雪化粧したトンネル

雪の中の詰所



2020年10月7日 第8回 〜安全教育〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
今回は、先日行われた安全教育の様子についてお伝えします!
※今回も、実際に受講された明田川室長にご協力いただきました!

10月3日(土) 株式会社国土の本社 2階 会議室にて、建設工事業者安全衛生教育を開催しました。
この教育は、不安全行動等の防止を目的として、専門機関である建設業労働災害防止協会が会社に代わって安全衛生教育を実施するものです。

講師の自己紹介

社内外から約20名の参加がありました。感染症予防のため、窓を開け換気を行い、マスク等着用の上行いました。

@安全管理の目的。
「安全は、自分のため、家族のため、仲間のためにあるもの。それぞれの生活を守るもの。」
Aフルハーネス安全帯使用時の作業高さの目安。
B効果的な危険予知活動の考え方・進め方。
C元方・職長・安全衛生責任者・作業員のそれぞれ現場での本当の役割。
D間違った知識で・勘違いで・古いやり方で進めている安全活動について。
上記をメインに分かりやすくお話しいただき、参加者はそれぞれの立場において、より理解が深まったのではないかと思います。

実技訓練@(KYの実践・発表)

実技訓練A(KY活動:動作の実演)

また、使用テキストには本工事の施工状況写真や実際に作成されたKY等が盛り込まれ、
一般の教科書のワクにはまらない現場に即した内容となっているのも特徴的でした。

ご多用中、お引受け頂きました先生に深く感謝致します。



2020年10月1日 第7回 〜撤去作業の紹介〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
今回は、笹ヶ峰ダム洪水吐付帯(その3)工事で行われている、撤去作業についてご紹介します!
※今回も明田川室長にご協力いただきました!

撤去作業をフロー形式でみていくと、

@コア削孔
コアドリルという機械を使って、コンクリートに穴をあける作業です。
クレーンで吊るための吊り穴(径100mm)と、ワイヤソーの通し孔(径50mm)を削孔していきます。

当社の作業員が持っているものがコアドリルです!

削孔後です。丸い穴がいくつもあります。

Aワイヤーソー・ウォールソー切断
以前ご紹介したワイヤーソー・ウォールソーという機械を使って、
コンクリートの壁などをクレーンで吊れるくらいの大きさの塊(ブロック)になるまで切断します。

Bブロック撤去
コンクリートのブロックをクレーンで吊上げて撤去します。
写真は、まさに吊上げているところ!

Cブロック小運搬
撤去したブロックは、4tダンプに積み込み、
すぐ近くの解体ヤードへ小運搬します。

Dブロック荷下ろし
解体ヤードへ小運搬したブロックを、クレーンで荷下ろしします。

Eブロック破砕
撤去されたコンクリートは大きなブロックの状態なので、解体ヤードに運搬してからバックホウで細かくします。
細かくされたコンクリートの塊は全て専門のプラントへ運ばれて再生砕石等にリサイクルされます。エコですね!

砕いている最中

砕き終わり

こんな流れで撤去作業が進んでいきます。

●クレーンの紹介
当社はクレーン作業も得意!なのでクレーンの紹介もします!!現場では2台のクレーンが稼働しています。

写真手前
1台はキャタピラ式の緑色のクレーンで、
主にゲート操作棟の側で、コンクリートのブロック撤去に使用します。
フローのBの写真にも写ってました。

写真奥
もう1台はタイヤ式の黄色のクレーンで、
主に解体ヤードで、大きなコンクリートブロックの荷卸しに使用します。
フローのDの写真にも写ってました。

上の写真では遠くてよく見えなかった解体ヤードのクレーン車です。
クレーンオペレーターさんに、なかなか見ることのできない車内を撮影してもらいました。
レバーやボタンやメーターがたくさんで、これを使いこなすオペレーターさん超かっこいいですよね!!!



2020年9月29日 第6回 〜内面補強工の紹介〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
今回は、笹ヶ峰ダム管理用右岸トンネル補修工事で行われている、内面補強工についてご紹介します!
※明田川室長にご協力いただきました!

内面補強工は、以前、トンネル補修工事の「工事の進み具合」でご紹介した、ひび割れ注入工・止水注入工の後の工程です。
フロー形式にみていきましょう。

@施工面の下地を処理・清掃してプライマー(接着剤)を塗ります。

A凸凹をなくすため、パテ材を塗って平坦にします。

ひび割れ注入工・止水注入工が終わったあと、サンダーと呼ばれている電動工具(電動やすりみたいな道具)などを使って、
トンネルの表面、これから内面補強をするところをきれいにします。写真でも、よく見ると、やすったあとがみえます。
その上から、プライマーという接着剤を塗ります。(白くみえる部分)

B炭素繊維シートの1層目を貼付けます(縦方向)

C炭素繊維シートの2層目を貼り付けます。(横方向)

この内面補強工で使用する「炭素繊維シート」はコンクリート補修・補強に使われる材料で、
比重は鉄の1/5と軽量で、強度は鋼板の10倍とされています。また、錆が発生しないため、塩害等の環境下でも使用ができます。
従来は航空宇宙・スポーツ用品分野の素材であった「炭素繊維」を土木分野へ適用したものです。

D下塗り(施工中)

E上塗り(完了)

BCで貼ったシートの上に2層(D下塗り・E上塗り)の仕上げ塗料を塗ります。
白くてぴかぴかなトンネルになりました!

施工手順をまとめると、下の左図のようになります。
簡単に言えばいろんなものを塗ったり貼ったりして補強します。右図のように何層にも重なります。
ぼろぼろだったものでも、これだけやれば強くなれそうですよね!

次回は、笹ヶ峰ダム洪水吐付帯(その3)工事の撤去作業の流れをご紹介します。



2020年9月25日 第5回 〜安全パトロール〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
今回は、先日行われた安全パトロールの様子についてお伝えします!

わたしも所属する安全品質管理室のおしごとの1つである安全パトロール。
1ヶ月に1度現場に行き、法令違反はないか、危険な箇所はないかなどをパトロールしています。
今回は、わたしの尊敬すべき上司、明田川室長がパトロールを実施してくださいました。
小柄なのにパワフルで、すっごい資格も取っちゃう、まさに「できる女」な室長です。

次回以降、明田川室長に説明していただいた、各工事の作業フローをお伝えします。



2020年9月15日 第4回 〜現場紹介A〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
前回に引き続き、現場のご紹介です〜!

今回は、笹ヶ峰ダム洪水吐付帯(その3)工事。
こちらの工事は、笹ヶ峰ダムの洪水吐(こうずいばき)ゲートの操作室を撤去する工事です。

上の写真ので囲んだ部分を撤去します。ここはゲートを操作する操作室です。
中に入ってる装置はそのまま(適宜移動・保護等はしています)に、周りの構造物(壁や天井)を撤去します。
撤去の後、ゆくゆくはの隣の茶色い箱みたいなものになるようです。

工事の流れを簡単に説明すると、
@作業箇所(操作室)まで届くように足場を組みます。
Aワイヤーソー・ウォールソーという機械を使ってコンクリートの壁などをクレーンで吊れるくらいの大きさまで切断します。
Bクレーンで吊りあげて撤去します。
AとBを繰り返してどんどん撤去していきます。今は、その真っ最中です。

次に、切断に使用する機械を紹介します。
今回はワイヤーソーとウォールソーを使用します。
どちらも名前にソー(saw)が付いているように、大きな鋸(のこぎり)の役割です。

で囲んだものがワイヤーソー(矢印で示すチェーンのようなものがワイヤー)

動いていない状態(ワイヤーなし)

ワイヤーソーは、名前の通り、ワイヤーで切断します。ダイヤモンドがついたワイヤーを回して切断します。
*上の写真: 左 で囲んだものがワイヤーソー(矢印で示すチェーンのようなものがワイヤー)、 右 動いていない状態(ワイヤーなし)


ウォールソーは、大きな丸い刃を回して切断します。こちらの刃にもダイヤモンドが使われています。この機械はレールの上を動きます。 *上の写真: で囲んだものがウォールソー 矢印で示すものがレール


こちらは1番上の写真のから見た風景です。
普段は水が出ていますので、もちろん立入禁止の場所です。
ダムのゲートをこのアングルから見られるのは、人生に何度もない、とても貴重な経験だと思いました!
わたしは「ダム女」ではないですが、スケールの大きさと、特別感にしびれました…。
このときは、足場を組み立てている真っ最中。今は足場は完成していますよ。
もし工事中にダムを稼働させなければならない状況になった場合、急いでこの足場を解体するんだそうです。
そうならないことを祈ります…。



2020年9月14日 第3回 〜現場紹介@〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
今回は、現場のご紹介です〜!

まずは、笹ヶ峰ダム管理用右岸トンネル補修工事。
こちらの工事は(工事名のままですが)管理用のトンネルを補修する工事です。

の写真の矢印で示すように曲がったトンネルです。
照明もなく暗く、曲がっているため先が見通せないのがの写真でわかるかと思います。
このトンネルの壁や地面の痛みが激しくなったため、きれいに補修する工事です。

工事の流れを簡単に説明すると、
@コンクリートでできた壁や床に発生したヒビ(クラック)に薬剤を流し込んでヒビを補修します。
Aそのあと、壁を補強するために薬剤を塗ったり炭素繊維でできたシートを貼ったりします。
B床については、コンクリートを打ち直します。
今は、炭素繊維シートを貼っているところです。

ちなみにこのトンネルの出入口の上にプレートがついているのですが、入口と出口で名称が違います。
左の写真の入口(1段上の写真で矢印の根本の方) 「昇竜の門」
右の写真の出口(1段上の写真で矢印の先の方)   「人和の道」
調べてみましたがどんな意味があるのかわかりませんでした…。

こちらは1番上の左の写真のから見た風景です。普段は立入禁止の場所です。
同じ場所でもどこから見るかによって、山や湖の顔が違って見えます。お隣の現場のクレーンも見えますね。

バリバリの文系のわたしが建設業に入って現場に行って感動したのが、関係者以外立ち入り禁止の先に入れることでした。
学生の間はバリケードの向こうの世界を知らないで生きてきましたが、今はバリケードの中に入るおしごとをしています。
そこから見える風景は、4年目の今でも、なんだか特別に見えます。と少し感傷的な気分で撮った写真です。

次はもう一方の工事の紹介をします!



2020年9月7日 第2回 〜現場事務所紹介〜

みなさまこんにちは。HP更新担当の「ほんま」です。
今回は、現場事務所についてお伝えします!

こちらが当現場の現場事務所です!
*写真:手前が笹ヶ峰ダム洪水吐付帯(その3)工事、奥が笹ヶ峰ダム管理用右岸トンネル補修工事の事務所


まず、現場事務所と言いますのは、現場代理人等が事務作業を行ったり、打合せを行ったりするところです。

*写真:左が笹ヶ峰ダム管理用右岸トンネル補修工事、右が笹ヶ峰ダム洪水吐付帯(その3)工事

笹ヶ峰ダム管理用右岸トンネル補修工事

笹ヶ峰ダム洪水吐付帯(その3)工事

現場事務所には、代理人さんがパソコン・事務作業をする机、打合せ用の長机、
冷蔵庫や複合機などの電気製品や、予定を書き込む大きなホワイトボード等があります。

建設工事は、現場で何かをつくったり壊したり直したりするのがメインですが、事務仕事も実は結構あるんです。
現場に掲示する書類、打合せのための書類、安全のための書類、役所に提出しなければならない書類など、作成する書類は山のよう!
当該工事は、現場周辺に雪が降り始める11月には作業を終わらせる予定ですが、
作業が全て終わった後も、代理人さんには書類作成のお仕事があります。


現場事務所の隣には、作業員さんが休憩したり、大人数で集まって会議や安全教育をしたりするときに使う場所もあります。

現場代理人は、現場の監督をしなければなりませんので、作業の間は現場にいることが多いですが、
作業がお休みの日、事務仕事や打合せや休憩等の際には、現場事務所におります。
工事に関することで何かございましたらお気軽にお訪ねください。


現場事務所 (2現場の事務所が隣合って同じ場所にあります)
○住所:新潟県妙高市大字杉野沢1794-1
県道39号 妙高高原公園線沿いにあります。当社の旗が目印です。



2020年9月4日 第1回 〜自己紹介〜

はじめまして!
現場日記等、現場HP(ホームページ)の更新を担当します、株式会社国土の「ほんま」です。
まだまだ新人の入社4年目。
普段は、現場パトロールなどの安全・衛生に関するお仕事や、社内新聞などをつくる広報のようなお仕事をしています。
これから定期的に現場の様子を見に行って、
現場代理人の猪爪さん・岩アさんと協力しながら、HPを更新して、みなさんに情報をお伝えします!

まずは、初回なので代理人さんの紹介から!
●猪爪 剛 (いのつめ つよし) さん (45)
関川用水農業水利事業 笹ヶ峰ダム管理用右岸トンネル補修工事 現場代理人

私の入社当時の第1印象は「瞳が綺麗な方」。瞳の色が色素の薄いブラウンで珍しいなあと思っていました。
好きな食べ物は「スイーツ、特にプリン」、嫌いな食べ物は「しいたけ」
趣味は「カフェめぐり」と、かわいい!
冗談が大好きで、私はよく騙されちゃう、そんな猪爪さんです。


●岩ア 哲也 (いわさき てつや) さん (50)
関川用水農業水利事業 笹ヶ峰ダム洪水吐付帯(その3)工事 現場代理人

岩アさんについての第1印象は覚えてないので省略します笑
当社の建設部工務3課のトップの課長さんです!
好きな食べ物は「カニクリームコロッケ」、嫌いな食べ物はないそうです大人〜!趣味は「テレビでドラマをみること」
お風呂上がりのグリーンスムージーがかかせない健康志向な岩アさんです。


○ほんま
現場HP更新担当

顔出しは恥ずかしいのでごめんなさい泣
好きな食べ物は「メロンとプリンと生クリーム」!長い髪が自慢な20代独身女性です!
ここでは、後ろ姿かお気に入りのぬいぐるみの「たこ」で登場したいと思います!

実は代理人のお二人は誕生日が同じなんです!すごい偶然!ちなみに私の誕生日も数日違いです笑
これから誕生日近いトリオでやっていきます、よろしくおねがいします!